歯のひび割れ③

硬い物をかんだり、歯の数が減少することで起こりやすくなる歯のひび割れですが、
治療方法は大きく二つにわかれます。

歯の神経がある場合で、特に痛みがある場合は神経の処置から始めます。その後ファイバーの支柱を入れて内側から歯のひび割れを抑え、さらに被せ物をして外側からのひび割れを抑えます。
痛みがない場合はひび割れの一番下の部分を歯茎より上にだす歯茎の処理をします。そして割れ目を接着剤などで処理した後、さらに被せ物をします。 このようにして歯を抜かずに治します。
歯の神経がない場合も同様に歯茎の処理をしてファイバーの支柱を入れて被せる事が多いです。
ただし、根本まで完全に割れてしまっていると抜歯となる場合があります。