診療内容

ひろた歯科ホーム診療内容

一般歯科・予防歯科

一般歯科・予防歯科 虫歯や歯周病などの治療をお考えの方治療部分の再発予防、口臭、汚れの防止をお考えの方

一般歯科とは、最も需要の多い通常の歯科治療のことを指します。具体的には、「歯痛の治療」「歯の根の治療」「歯周病の治療」「入れ歯の治療」などの治療が該当します。

虫歯治療
治療に入る前にカウンセリングをし、治療方法について細かくご説明させていただきます。
なるべく削らず、痛みがあまりないように、治療致します。
定期健診
治療をした歯が再び虫歯になるのを防ぐことを目的に、定期検診をおこなっております。
歯周病
歯周病は歯の表面につくプラーク(歯垢)によって起こる、歯の周りの病気です。
歯周病は2種類あります。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎です。
定期的に歯石取りや歯の清掃を行うことでどちらの歯周病も予防もしくは治療することが可能です。

予防歯科とは、病気に限らず、歯も最もいい状態は虫歯や歯肉炎・歯周病などお口のトラブルが
発生する前に原因を作らないように予防することです。

当院の予防プログラム PMTC(歯のクリーニング)
訓練を受けた歯科衛生士によって行なわれるクリーニングがPMTCです。専用の機械を使用し、タバコのヤニや茶渋など、歯の表面に付いた汚れを取り除いていきます。自分では磨きにくいと ころ、よく磨けていないところもクリーニングいたします。最終的にフッ素を行いますので虫歯になりにくく綺麗な状態を保つことができます。
歯石除去(SRP)
歯垢が唾液の中のカルシウムなどと結びついて硬い歯石に変わると、歯の表面にガチガチにこびりついているため、歯磨きだけではなかなか取りきれません。電動歯ブラシでも取り除くことはできません。歯科医院で専用の器具で削り取ってもらう必要があります。歯科では「スケーリング」「ルートプレーニング」という二つの方法で歯石の除去をしています。
子どもの虫歯予防PMTC(歯のクリーニング)
子どもの歯は虫歯になりやすく進行も早いので、積極的な虫歯の予防処置が効果的です。当院では、フッ素、シーラント、キシリトールなどの虫歯予防処置を行っております。
フッ素塗布
フッ素は歯をかたくして、虫歯を予防することができます。
特にはえて間もない頃の歯には有効ですが、フッ素を塗ったからといって効果は永久的ではありません。定期的に歯科医院で塗布して、ご家庭でもフッ素入り歯磨き剤のご使用をお勧めします。
シーラント
奥歯の溝の部分は非常に食物がたまりやすく、歯ブラシが届きにくいため、歯がはえてもすぐに虫歯になってしまいます。そこで虫歯になる前に溝の部分に歯を削らずにレジン(プラスティック)という素材をうめこむ処置(シーラント)を行い、虫歯になりにくくします。シーラントは健康保険適用です。
仕上げみがき
子供がひとりで上手に歯を磨けるようになるまでは、保護者の方の仕上げみがきが必要です。
歯と歯の隙間、歯の裏側、奥歯の磨きにくいところなどは、丁寧に磨いてあげてください。毎日の仕上げみがきがお子さんの歯を守ります。
アクセス
〒561-0851
豊中市服部元町1-10-25
アービング服部元町102号
TEL
06-6151-4448
診療時間

【月曜~金曜】
午前9:00~13:00
午後15:00~20:00

【土曜】
午前9:00~13:00
午後15:00~18:00

日曜・祝日休診

sss